マーベロン28を通販で購入しています。

低用量ピルは病院で処方されている避妊薬です。

本当は毎回、病院で処方してもらうほうがいいのでしょうが、仕事が忙しいときはネットで注文しています。

ネットで通販を利用すると、病院までの移動時間や診察までの待ち時間もなく、その点も重宝しています。

マーベロン28を使用してからかなりになりますので、今ではマーベロン28を通販で購入するのが当たり前になっています。

通販で購入すると余計な手間がかからないので、とても便利です。


マーベロン28


マーベロン28の通販について

低容量ピルであるマーベロン28を日本国内で処方してもらうためには、医療機関で診察を受ける必要があります。

健康保険適用外の薬であることから、全額が自己負担となってしまいます。

個人利用の目的であれば個人輸入が法律で許されており、輸入代行業者の通販サイトを通じて製造や販売が認められている外国製品を手配すれば、マーベロン28を定価よりも割安に購入することができます。

日本所在の通販サイトから購入しても、発送が外国からになる場合は届け先を勤務先などの会社宛にした場合、個人の利用目的ではないと解釈されます。

税関で荷物が止められてしまうということもあるようですから、届け先は自宅にした方が良いでしょう。


マーベロン28とは

マーベロン28とは黄体ホルモン様、卵胞ホルモン様物質の合剤です。

排卵抑制効果のほかに、子宮内膜の変化による精子通過阻害作用によって妊娠を防ぐものとなっています。

月経の1日目からというタイミングで白色の大きな錠剤を1日に1錠、21日間にわたって服用し、そのまま続けて小さい錠剤を1日に1錠、7日間にわたって服用します。

ただし副作用として吐き気や不正性器出血、腹痛などが起こる可能性もありますから、もしもそういった症状が現れたという場合には、医師や薬剤師に相談する必要があります。

また、血栓症のリスクが高くなるというケースもまれにありますから、鋭い胸の痛みや激しい頭痛などがあった場合には、すみやかに医師の診療を受けなければなりません。

マーベロン28は、正しい知識を持って服用することによって、効果を最大限に発揮させることができるピルです。

マーベロン28の価格

マーベロン28をはじめ、低用量ピルのほとんどは保険制度が適用されないものとなっています。

病院を受診する場合ですと、診療代と処方箋代の合計金額がかかることになります。

少しでも安くマーベロン28を購入したいというニーズは高く、個人輸入代行というかたちでインターネット上には海外のの格安通販サイトが存在します。

業者によって多少の差はありますが、医療機関における2,000円から3,000円程度という価格から比べると、全体的に通販による価格の方が安くなっています。

ただしこれらの多くは、発送する国と販売国が異なっているため、安心して利用することのできる業者を選んで購入したいところです。


マーベロン28の飲み方

マーベロン28の飲み方については、月経が始まった日から白色の大きな錠剤を毎日1回、1錠ずつ同じ時刻に服用していきます。

これを21日間にわたって、続けていきます。

21日が経過した後は、今度は小さい錠剤をまた同じように毎日1回、1錠ずつを7日にわたって服用します。

これで、合わせて28日にわたって服用するということになります。

その次の日からは、月経が始まっているかどうかは関係なく、はじめのサイクルと同じように白色の大きな錠剤の服用を開始します。

まったく同じように続けて、避妊したい期間のうちは服用を繰り返していくことになります。

1回のサイクルが28日間であるということから、『マーべロン28』と呼ばれているところもあります。

マーベロン28

マーベロン28を飲み忘れたとき

マーベロン28をもしも飲み忘れたというときには、対処する方法があります。

21日間飲み続けなければならない白色の大きな錠剤を1日だけ飲み忘れたという場合については、気がついたときにすぐに1錠を服用し、その日の分もいつもの通りに服用するようにします。

これが2日以上続けて白色の大きな錠剤を飲み忘れたというときには、その時点で服用することをやめて、次の月経を待って服用し直すようにします。その場合には妊娠の可能性が高くなりますから、ほかの避妊方法を選択するようにします。

複数日にわたって飲み忘れたからといって、多く飲み過ぎないように注意しなければなりません。

マーベロン28を飲み忘れたときは落ち着いて対処することによって、副作用が起こるリスクを減らしたり、効果の持続を期待したりすることもできます。

マーベロン28に副作用がある?

低容量ピルの重大な副作用としては、血管の中で血液が固まってしまって血液が流れなくなる血栓症などの可能性があります。

他のホルモン併用型の避妊ピルよりも、マーベロン28は血栓症になる可能性が低いことが分かっていますが、その可能性が全く無いわけではありません。

このような副作用が見られた場合は服用を中止して、医師に相談してください。

一般的な副作用としては頭痛、吐き気、不正出血、乳房の張り、体重の増加などがあります。

低用量ピルであるマーベロン28は基本的に副作用が軽度であり、服用を継続していくにつれて低減されていきますが、症状が重い場合は医師に相談した方が良いでしょう。

購入前に価格を比較しましょう。
 
 

低用量ピル


マーベロン マーベロン

トリキュラー トリキュラー